筆者はオナニーが大好きなのですがそんなオナニーの語源と由来をご存知でしょうか?今回のコラムを読めばオナニーの楽しみ方が広がるかもしれません。

意外と知らないオナニーの語源

調べてみると意外な事実が

男女問わずやってしまうオナニーですが筆者もオナニーが大好きで
最低でも1日1回はオナニーしてしまいます。
エッチな動画を観るときでもカテゴリから
オナニー動画やマスターベーションから検索して
動画を観るくらいオナニー好きです。
みんな大好きなオナニーですがオナニーという言葉の
語源と由来を知らない人は意外に多いのではないでしょうか。
筆者もつい先日まで知らなかったのですが自分が好きなことは
ちゃんと知らなきゃと思いネットで語源と由来を検索してみました。
すると出てきたのはオナンという人物がオナニーした事をキッカケに
オナニーという言葉が誕生したという情報でした。
さらに詳しくオナンという人物について調べてみると
どうやら旧約聖書「創世記」に登場する人物の事らしいです。

オナンにはエルという兄がいたのですが、エルが死んだ後に
父親に命令されて子孫を残す為に
エルの嫁と無理やり結婚させられたそうです。
そして夫婦となり子供を作ろうという流れになります。
ですが子供ができてしまうと父親が亡くなった後の財産分与で
自分が貰う財産が減ってしまう事を嫌ったオナンが
嫁と性交する時に膣内で射精する寸前に男性器を抜いて
精子を中に出さない様にして避妊したとされています。
この時オナンが行った行為が元となって
自慰行為がオナニーと呼ばれることになったみたいですね。
今でいう外出しのような気もしますが当時ではオナニーとして
扱われていたそうです。
何も考えずにしていたオナニーですが
こんな歴史があるなんて全く知りませんでした。
歴史の重みを感じながらするオナニーも
気持ちいいかもしれませんねw

サイト情報

刺激たっぷりのエロ情報配信サイト エロエーロ

当サイトは成人向けのブログを多数配信しております。

18歳未満の方は閲覧できない内容もあるので自己責任でお願い致します。

最新の投稿